ランドスケープデザインNo.103にスカイテラス狭山が特集されました。

2015.06.27

南條洋雄がマスターアーキテクトとして総合デザイン監修を務めた、狭山市駅西口再開発事業「スカイテラス狭山」が、ランドスケープ・デザイン No.103 「駅前再開発とまちづくり」に掲載されました。


南條設計室が再開発協議会への支援業務から参加し、基本構想、基本計画、施設整備計画等を立案し、事業化段階では、デザインガイドラインの策定、総合デザイン調整会議の議長を務める等、この街の都市デザインの川上から川下まで10余年をかけて手掛けて来た成果です。
2014年5月、国土交通省後援の都市景観大賞「優秀賞」を受賞
2014年10月、日本デザイン振興会の2014年度グッドデザイン賞(都市づくり、地域づくり、コミュニティ部門)を受賞