~Atelier Nanjoの日常③~

2024.02.22

  • 今回ご紹介するAtelier Nanjoの日常は【デザインセミナー】です。所員が各地の完成物件を例にしながら、デベロッパー様や施工者様などに設計デザイン講習を行います!今回は岡崎徹、南條雄吾が栃木県宇都宮市で講師をしてきましたのでその様子をお届けします。 この日講習場所と...
  • More

■■■建築に生きる 第19回 協働・自働・己働■■■ 

2024.02.16

  • 第19回 協働・自働・己働 協働 建築という仕事は、団体競技に似て様々な才能が高度に絡み合って完結する。歌劇や交響曲のように、また映画のように、多くの専門家たちが「協働」するのは必然だ。建築家はこうして多くの優れた「役者」たちと日常から交流する生活を好む。R...
  • More

■■■建築に生きる 第18回 正月の警鐘■■■

2024.02.02

  • 第18回 正月の警鐘 正月の警鐘 2024年元旦は能登半島のM7.6という強い地震で始まった。大都市圏とは異なり情報も映像もしばらくは少なく、津波退避勧告が過剰反応などという声も聞かれたが、時間と共に震災の根の深さが伝わり、あの警告で即座に逃げて津波から逃れ...
  • More

■■■建築に生きる 第17回 建築家は外交官■■■

2024.01.19

  • 第17回 建築家は外交官 人とは会う 私は人と会うのが好きだ。サンパウロのボス、ジョアキム・ゲデスも良く人と会っていた。約束の設計打合せ時間になっても現れない彼が、大遅刻の末事務所に到着するも、同伴者とのおしゃべりはつきず、打合せを望む私まで誘って夜の会食に...
  • More

メディア取材情報

2024.01.16

  • 先日、代表南條がブラジルのテレビ局の一つ、TV RECORD の取材を受けました。 今回の能登の地震を踏まえて日本の建築の耐震性に関する質問をレポーターのSilvia Kikuchi から受けてお答えしました。放映は現地(2024年1月13日夜)のみでしたが、Youtubeにてご...
  • More

■■■建築に生きる 第16回 建築と神事■■■

2024.01.05

  • 第16回 建築と神事 地鎮祭 日本の設計事務所に勤務していて日本を強く意識する瞬間が地鎮祭だ。近代化で多くの伝統行事が消滅していくが地鎮祭は必須行事だ。広辞苑によれば「基礎工事に着手する前、その土地の神を祀って工事の無事を祈願する祭儀」であり、敷地で行うのが...
  • More

2024年もどうぞよろしくお願い申し上げます

2024.01.04

  • 本日より南條設計室の2024年が始動いたします。仕事始めの日は例年、新年会とともに今年の抱負をみんなで発表します。 本年も所員一同よろしくお願い申し上げます。 ...
  • More

Season’s Greetings and Best Wishes for a Happy New Year

2023.12.22

  • 本年中、皆様には格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。 2024年も皆さまにとって素敵な1年になりますようにお祈り申し上げます。 ◆年内の最終営業日は12月22日(金)、新年は1月4日(木)からスタートいたします◆ ...
  • More

■■■建築に生きる 第15回 建築家という生業■■■

2023.12.22

  • 第15回 建築家という生業 修行と丁稚奉公 あの小沢征爾の師匠は桐朋学園の齋藤秀雄だ。建築家の多くも偉大な師匠の下で修行してきた。丹下健三はル・コルビジェに学び、私の恩師大谷幸夫はその丹下健三に学んだ。修行というと落語家の丁稚奉公が思い浮かぶ。北野タケシの弟...
  • More

■■■建築に生きる 第14回 マンションと呼ばないで!■■■ 

2023.12.08

  • 第14回 マンションと呼ばないで! MAN-SION 手元の OXFORD ADVANCED LEARNER’S DICTIONARYで日本語のマンションの発音に近い単語を検索すると man-sion という単語に出会い、その意味は large and st...
  • More